2011年11月07日

雨戸の調整

 雨戸は、長年使っていると、どうしてもずれや緩みによってスムーズに閉まらなくなります。
 調整で直ることが多いので、その情報を掲載します。

スポンサーリンク

雨戸落とし錠の位置調整

 ネジ2本で固定されています。
 このネジを緩め動かしレールの穴と合う様にして調整します。
 実際には、雨戸を閉める位置にし、落とし錠を押しながら動かしスムーズに落ちる位置で固定します。

雨戸落とし錠の位置調整

 上手く落ちない時は雨戸が傾いている可能性があります。
 次の方法で雨戸の傾きを調整して下さい。

雨戸の傾き調整

 雨戸が傾いていると閉めた時に、落とし錠が落ちない、上下どちらかに微妙な隙間ができるなどが発生します。
 雨戸の傾きは、雨戸の下側、赤矢印で調整します。

雨戸の傾き調整

 もう少し拡大すると、

雨戸の傾き調整

 このプラスネジで調整をします。
 通常、右に廻せば戸車が出る方向に動き、左に廻せば入る方向に動きます。
 左右にありますので、これを調整することで傾きが調整できます。
 実際には、戸袋から一番遠い位置の雨戸を桟に押し付けながら傾きを調整して上部と下部がしっかり桟に当たる様にします。
 さらに、次の雨戸を調整できた雨戸に押し付け調整します。(雨戸の枚数分繰り返します。)
 この後、上述の「落とし錠の位置調整」をすると完璧です。
タグ:雨戸
posted by tomoOne at 14:54 | 家の修理と保守