2011年09月24日

アクリル板ひび割れ補修

 台風が通り過ぎ、一安心していると妻が「2階のバルコニーのアクリル板がひび割れしている。」と・・・確認すると赤矢印のように縦にアクリル板にひび割れが入っている・・・
アクリル板ひび割れ
 本当に、台風が原因かは不明、そのうちシリコン剤で補修することにして放置すると、妻から「ひび割れが成長・・・」と言われ、確認すると確かに長くなっている。慌てて補修しました。

アクリル板補修材

 当初、ひび割れの先頭にドリルで穴を空け、ひびの進行を止めシリコンコーキング剤で補修をするつもりでしたが、買いに行ったホームセンターで、強力補修テープ(コニシ製ボンドストームガード)を発見!急遽これで補修することとしました。
アクリル板補修材
<用 途>
 ビニルハウス、雨具、アウトドア用品、防水カバーの破れ、サッシ窓まわり、トタン屋根、瓦、雨どいの継ぎ目、ガラス、カーポート、プラチック製品の割れ、浴槽、タイルの割れ
<特 徴>
 耐候性、耐水性、耐熱性に優れ、透明フィルムテープで目立たない、強力な粘着力

アクリル板ひび割れ補修

 綺麗に清掃します。(水拭き→アルコール拭き→乾拭き)
 拭くときは、逆面から手を当て、ひび割れを大きくしないように力を加減しながら拭きます。
 少し長めにテープをカットしてから片面を少しめくり、補修面に張ります。
 残りを全てめくり、皺が入らないよう引っ張り気味に張りました。
アクリル板ひび割れ補修
 赤矢印の上のひび割れが放置したため成長したひび割れです。(^ω^)
 簡単でした。2週間経過しましたが、ひび割れの成長は止まっています。
posted by tomoOne at 09:04 | 家の修理と保守