2013年11月19日

SAMUSUNG製液晶モニタSyncMaster540Nコンデンサ不良修理

 パソコンを起動しても、SAMUSUNG製パソコン液晶モニタSyncMaster540N何も表示されないことがしばしば発生するようになりました。(BIOSの起動画面も駄目でした。)
 パソコン自体は、起動しているようです。しばらく放置すると突然画面が表示される事があり一度表示されると問題なく使用できるのですが・・・。
 過去に修理したSHARP製液晶モニタと同様の症状です。
 

分 解

 道具は写真のような物を使いかました。
 オレンジ色がRingTOOLです。車用のドア内貼り外し工具ですが、今回はパネルに傷を付けないように使用しました。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 台座を外します。赤丸プラスネジ3本をドライバで外し下に引き抜きます。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 この液晶は周囲のパネルを外します。余り傷を付けたくないのですが、最初だけマイナスドライバで隙間を作ります。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 出来た隙間にRigTOOLを差し込みパネルを外します。
 写真のコードを切らないよう注意!
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 写真の様に裏パネルが外れます。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 左側、光るパネルを外します。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 パネルを外すと現れるコネクタ(赤丸)を2か所外します。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 グレーの金属部分が液晶部分から外れますので、配線に注意し裏返します。
 大きい方の基板が電源部です。プラスネジを外します。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解
 電源基板です。
SAMUSUNG製SyncMaster540N分解

コンデンサ交換

 コンデンサーを調べると・・・赤枠のコンデンサーが膨らんでいます。
SAMUSUNG製SyncMaster540N修理
 もう1枚の基板も念のために確認しましたが他に異常のあるコンデンサーは有りませんでした。
 膨らんでいるコンデンサーを半田ごてで外すためコネクタを外します。
SAMUSUNG製SyncMaster540N修理
 外したコンデンサ1000μF10Vです。
 今回は手持ちがありましたので即交換しました。
SAMUSUNG製SyncMaster540N修理

動作確認

 概ね分解した逆の手順で配線を接続し、仮にパソコンに接続して確認すると問題なく表示されました。
 逆の手順で組立直し、パソコンに接続して起動させると一発で表示されるようになりました。
SAMUSUNG製SyncMaster540N修理
 交換したコンデンサはマザーボード用超低ESRアルミ電解コンデンサです。(買っても100円もしません・・・)
posted by tomoOne at 14:52 | パソコン機器の修理