2017年07月08日

床鳴り修理

 1階リビングのフローリング床が鳴りだしました。
 フローリング床は、はめ込み式の為、乾燥、湿気などで多少はギシギシ鳴るものですが・・・何故か、今回は非常に耳障りが悪く家族からも「床が軋んでいる・・・」と・・・。
 多分、床下の根太とフローリング用の根太に隙間が出来た???床に潜るのも面倒なので1か月ほど様子を見る事にし放置していたが・・・やっぱり気になる。
 ホームセンターで、フローリング用のキシミ音を解消すると言う液状の物が売られていた。結構値段が高い・・・1,800円ほど
 ネットで検索していると、グリスで軽減できると言うサイトを発見!このグリス・・・持っています。
 と言うことで、早速、駄目元でやってみました。

スポンサーリンク

使ったグリス

 KUREのグリースメイトです。(ホームセンターで500円程度で売られています。)

KUREグリースメイト

床鳴り箇所

 フローリングの継ぎ目あたりが激しく鳴ります。

床鳴り修理 グリースメイト

注入開始

 フローリングの継ぎ目に沿ってグリスを注入しました。
 グリスが床面に広がると滑って危険ですので、広がらない様にマスキングをしました。
 注入した後、床を踏み浸透を図りました。
 キシミ音が軽減された事を確認しました。(この時点では、スッキリ音が無くなりましたとは・・・)

床鳴り修理 グリースメイト

 注入後、養生テープを除去し、無水アルコールで床面のグリスを拭き取りました。

効果は

 注入直後は、踏む箇所によっては・・・まあ、これ位なら良しとしておこうと言う感じでした。
 ところが、1日経過して翌日になると・・・あれ、鳴らない・・・意識しないと判らない程度に軽減されていました。
 これならOKです!1日がかりで浸透していったのでしょうか?

追記
 別の箇所で床鳴りがしたため同様の方法で軽減を図りましたが駄目でした。
 (このページの修理個所は、床鳴りしていません。)
 鋼製束を使って解消しました・・・床鳴り修理 その2
タグ:
posted by tomoOne at 08:21 | 家の修理と保守