2020年02月13日

リモコンドアガードAD-T01の再設定

 修理とは少し違うのですが・・・「電池交換をしたら動かなくなった・・・」と言って取外して持って来られました。
 知り合いなので良いのですが・・・商売している訳ではありません。
 「取扱説明書はどこにやったか分からない・・・ネットで検索しても生産終了の為か、ヒットしない・・・今まで電池交換しても動いた・・・」という事で、さらに聞き取ると、リセット用のスイッチを触った様な・・・
 二重ロックにするために、十数年前に玄関ドア上部に取付たそうです。(マンション住まい)
 リモコン操作で、上部の突起が出て、別途取り付けた金具に嵌りロックする仕組みだそうです。

リモコンドアガードAD-T01

 再設定するための簡単な説明書を作成したので、その情報を掲載します。
 

スポンサーリンク

 設定スイッチを確認します。
 赤矢印プラスネジを外し、カバーを開けます。

リモコンドアガードAD-T01

 設定スイッチは電池ホルダーの横にあります。
 青矢印が登録するリモコンのナンバーです。(4台まで登録できるようです)
 赤矢印が登録スイッチです。
 電池を入れます。
<登録設定>
 例えば、写真の様に3とし、登録スイッチを押すとピッピッピッと音が鳴り本体の赤ランプが点灯します。(何もしないと10秒ほどでピッピッピッピッピッピッとなり登録待ちが解除されます)
 この状態で、登録するリモコンのOPEN(CLOSEのどちらでもOK)ボタンを押すとピッと音が鳴り登録完了です。
 別のリモコンを登録する場合は、3以外の数字に合わせ同様の操作を行います。

リモコンドアガードAD-T01

 今回は、これで解決しました。
 電池を一旦外して、入れ直してもちゃんと登録されていました???
 本人さんに方法を説明し作成した説明書を渡しました。
 「あっそうか〜」喜んで持ち帰られました。

 折角なので、リモコン電池の交換方法も掲載しておきます。

リモコンドアガードAD-T01

 裏側、赤矢印のプラスネジ2本を外します。

リモコンドアガードAD-T01

 これ位、隙間が出来たら矢印の方向に開けます。

リモコンドアガードAD-T01

 赤矢印がボタン電池です。(CR2016)

リモコンドアガードAD-T01

 リモコンのCLOSEボタンを押すと本体からピッピッと音が鳴ります。
 OPENボタンを押すとピッーと長い音が鳴ります。

 この装置、今どきのリモコンの様にポッツと短時間ボタンを押しても動作しません。
 本体からピッと動作音がするまで、リモコンボタンを長押しする必要があります。
posted by tomoOne at 08:25 | 家の修理と保守