2022年04月25日

Panasonic プラズマテレビTH-37PX600 修理

 先に「Panasonic プラズマテレビTH-37PX600 分解清掃」として掲載したテレビですが、今度は画面が映らなくなりました。
 視聴していると、ブロックノイズが出始め、やがてブラックアウトしてしまいます。
 これは、B-CASカードを使っている古いテレビではあるあるの症状で比較的簡単に回復する事が出来ます。

B-CASカード 接触不良修理

 この部分に埃が入り接触不良を起こすと現れる症状です。

スポンサーリンク

 この症状は、テレビの電源コードを抜いてB-CASカードを抜き差しするだけでも回復しますが・・・時間が経つと再び現れます。
 接触部を無水エタノールで清掃すると、症状の再発を抑える事が出来ます。
 テレビの電源コードを抜いて作業を行います。
 写真の様に作業ウエスに無水エタノールを少し染み込ませB-CASカードに被せカードをテレビ本体挿入口で抜き差しを繰り返し清掃します。
 作業ウエスは写真の様にB-CASカードより長めにし万が一破れても回収出来るようにします。
 無水エタノールで清掃後、乾いた作業ウエスで同様の作業を行います。
 作業中、妙に引っかかる様なら無理をしないようにして下さい。(カードだけを抜いた後、作業ウエスを抜くと外れます)

B-CASカード 接触不良修理

posted by tomoOne at 08:41 | 家電の修理と保守