2022年04月30日

伸縮式高枝切鋏の修理

 先に「伸縮式高枝切鋏のバネ交換修理」を掲載していた伸縮式高枝切鋏ですが、今度は、ちょっと太めの枝が切れなくなりました。
 挟んで切ろうとしてレバーを握ると「カクッ」と何かが外れた様な音がしてスカスカになり切れません。

伸縮式高枝切鋏修理

 不思議なことに、一番短くした時と、二番目に短くした時に症状があります。
 他のロック位置では、問題なく使えます???

スポンサーリンク

 分解して行きます。
 ハンドル部の赤色矢印のネジを外します。

伸縮式高枝切鋏修理

 さらに、青色矢印のナットを外します。

伸縮式高枝切鋏修理

 青矢印方向に抜きます。

伸縮式高枝切鋏修理

 こんな感じで外れます。

伸縮式高枝切鋏修理

 さらに、先端部分を外します。

伸縮式高枝切鋏修理

 刃先部分、赤色矢印のネジを2本外します。

伸縮式高枝切鋏修理

 こんな感じで外れます。

伸縮式高枝切鋏修理

 刃先部分の方向に中身を抜き出します。
 伸縮する構造はシンプルです。
 筒の中に入っている時は、青色矢印の部品が押されている状態です。
 これで収縮すると赤色矢印のピンが赤丸矢印の凹みに嵌まり、さらに筒側のロックボタンの先端で押され固定される仕組みです。
 レバーを引くと固定されているので凹みのある板状の金具を引き、結果的に鋏が動く仕掛けです。

伸縮式高枝切鋏修理

 この、ロックが甘くなっていて、強い力が加わると外れるの原因と思われます。
 今回は、青色矢印の部品を矢と反対方向に少し曲げ上げて見たところ、しっかりとロックがかかり切れる様になりました。
 逆の手順で組み直すのですが、ハンドル部分のバネの入れ方は「伸縮式高枝切鋏のバネ交換修理」をご覧下さい。
posted by tomoOne at 09:02 | 工具・道具の修理と保守